FC2ブログ
おきらくコロニー生活(USO)
ヴェローナの二紳士
2014-12-17 Wed 23:35
ヴェローナの二紳士
数年ぶりにミュージカルを見てきました。えぇ西川さんです。
ヴェローナの二紳士というシェイクスピアの喜劇。
西川さん演じるプロテュースとヴァレンタイン(堂珍嘉邦)は親友で、ヴァレンタインが人生経験のためヴェローナからミラノに旅立つところから始まる。プロテュースもミラノ行きを誘われるが、恋人のジュリア(島袋寛子)と離れ離れになるのが嫌で、ヴェローナに残るという。
プロテュースは父からの命令でミラノへ行かなければならなくなる。恋人のジュリアに永遠の愛を誓い、ヴェローナを去る。

プロテュースより先にミラノにいたヴァレンタインは、シルヴィア(霧矢 大夢)に恋をしていたがプロテュースがシルヴィアの父親ミラノ大公(ブラザートム)に、ヴァレンタインの悪評を吹き込みシルヴィアを奪おうとする。

・・・親友と恋人を裏切るプローテュース

しかも、プロテュースの恋人ジュリアは男装して、ミラノへ行きプロテュースの裏切りの間近で見てしまうという、、、
といったあらすじ。
観劇中悲劇だと勝手に思っていたので、プロテュースとジュリアの子はラーンスの子だと疑ってみていた。喜劇とはしらずに見ていたのであった。もっと勉強してから見に行くんだった。
帰ってから勉強、、、シェイクスピアって悲劇よりも喜劇のがオオカッタ、、、orz
しかしながらシェイクスピアの作品を意外にもいろんな形で見ていることに気がついた。ロミオとジュリエット、ジュリアス・シーザー、ハムレット、リア王、マクベス、夏の夜の夢、ヴェニスの商人、テンペスト、ヘンリー8世、そして今回のヴェローナの二紳士。まぁそれだけすばらしい作品があるってことですかねぇ。
今回ミュージカルを見ましたが、どうも見ていて落ち着かない。突然セリフを歌いだすのがよくわからない、、、フツーの演劇でもいいと思うんですがね。
東京公演は今日で折り返しとなりますが、年末のひとときにいかがでしょうか。平日は空席が目立ちます。昼の公演でしたが、自分の周りはほとんどが空席でした。
最後はスタンディングオベーションが起こっていた。いやそれほどものではないんですけど、、、面白かったよ、アドリブやセリフを噛んだところなどわね。
スポンサーサイト



別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<キルフェボン | サイド0078 | タイトル決定 エデン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| サイド0078 |
  1. 無料アクセス解析