fc2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

完成~おせち料理 


各所でいただいた御節の集合です。
伊達巻、栗きんとん:ジャスコで購入
かまぼこ:ショップ99で購入
黒豆、きんぴら牛蒡、八ツ頭の煮物、昆布巻き、酢蓮(すばす=蓮根の酢漬け)、膾(なます):おばあちゃんの手作り
こはだの酢じめ:実家から(近所のスーパーで10円だったらしい。爆安!)

うちの御節はいたって普通なんですが、この時期にしか食べないものばかりだから食べれないとなるとかなりショックなんだよ。今年も食べられたのでうれしい♪今度休みの日に伊達巻に挑戦してみます。
食べながら書いてたんだけど、結局全部食べちゃった・・・

今回は作ってないのでうんちくだけ(長いので読みたい人だけどうぞ)
御節料理の基本は、お屠蘇、祝い肴三種(三つ肴)、雑煮、煮しめです。
祝い肴三種は関東なら「田作り」「数の子」「黒豆」関西なら「田作り」の代わりに「たたき牛蒡」。
個人的には伊達巻、栗きんとん、八ツ頭の煮物かな。田作り、数の子はうちの実家は無いんだよ~いつも残るからから無くなった。
<口取り>
伊達巻:伊達政宗が派手好きだったとか、豪華さや派手さを表す。また巻物(書物)にた形から知識が増える縁起物。
栗きんとん:「金団」とは黄金の団子という意味。
かまぼこ:紅白で祝儀用としてめでたい。
黒豆:黒は魔よけ、豆はまめ(勤勉)に働きまめ(健康)に暮らす。
<煮しめ>
きんぴら牛蒡:牛蒡の形や色が豊作のときに飛んでくると伝えられている黒い瑞鳥(すいじゅう)を連想させる事から豊作を願って。
八ツ頭の煮物:小芋がたくさんつくことから、子宝、子孫繁栄。八には「末広がり」の意味。
昆布巻き:「よろこぶ」の語呂合わせ。
<酢の物>
酢蓮:孔が空いているから遠くが見えるように、先見性のある一年を祈願 。
膾(なます):お祝いの水引をかたどったもの。
こはだの酢じめ:こはだは出世魚なので出世を祈願したもの。「しんこ~こはだ~このしろ」と呼び名が変わる。
もっと詳しく知りたい方はネットでぐぐって下さい。
スポンサーサイト



[edit]

ようこそサイド0078へ

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック